めずらしく判例の話題

年明けからマジメに判例の話題を1つ紹介したいと思います
一番近いところの判例です。

すこし読みにくいかもしれませんが
結論は犬の飼育は駄目という内容です


平成23年12月16日判決 東京地方裁判所「犬の飼育禁止等請求事件」
(原告)管理組合
(被告)区分所有者(3匹のシーズー犬の飼い主)
(内容)本件マンションの管理組合である原告が、同マンションの区分所有者である被告に対し、管理規約に基づき、本件マンション内における犬の飼育の差止を求めるとともに、不法行為に基づく損害賠償を求めた事案において、本件マンションの使用細則が、単純に犬や猫を飼育することを禁止するものではなく、他の区分所有者に迷惑または危害を及ぼす犬や猫をその対象としたものに限られると解することは相当でないから、被告が犬を飼育することは許されないものというべきであり、また、被告の犬の飼育は原告に対する不法行為を構成するとされた事例。

※使用細則第1条1号では「他の区分所有者に,迷惑または危害を及ぼすような動物(犬,猫,猿等)を飼育すること」を禁止している。
※判決文では、「これを素直に読めば一般的・抽象的に他の区分所有者に迷惑又は危害を及ぼす動物として犬,猫,猿を列挙しているものであり,特に猛犬などに限定している趣旨とは解されない」としている。
※被告の主張によると「区分所有者が犬を飼育することは,本来,自由であるから,上記定めは単純に犬や猫を飼育することを禁止するものではなく,他の区分所有者に迷惑又は危害を及ぼす犬や猫(例えば,猛犬など)をその対象としたものに限られる」
※判決文より「ちなみに,犬については,噛みつくなどの人などへの直接的な危害行為はもとより,その鳴き声,臭気,体毛の飛散等によりマンション内での飼育により他の住人が不快感を抱くこと(動物アレルギーの者もいることがある。)はしばしば起こり得ることであり,上記細則のような定めを設けることは十分な合理性がある」

(判決) 一部認容、一部棄却 (犬の飼育禁止、損害賠償の一部棄却)

この裁判の前に原告と被告は、
平成18年に飼育の可否で裁判をしており、
「一代限りの飼育」で和解しています。
この事例などがきっかけで
世に出ているマンション管理ノウハウ本には
一代限りルールを掲載されることが多くあります

しかしながら・・・
マンション内での飼育により他の住人が不快感を抱くこと
動物アレルギーの方もいるなどトラブルがたびたび起こり得る
というような点を考慮して、細則のような定めを設けることは
十分な合理性があるという判断が付け加わりました。

要はペット不可のマンションでは駄目なんですよということです

昨今、ペット飼育可というマンションも増えましたが
まだまだペットに関する問題は多いのが実情です
今一度ご自身のマンションにおける管理規約を
ご確認いただければと思います/kantoku

PS
ふざけたブログのくせに
新年早々マジメな話題を
書いてしましました/kantoku
[PR]
by toshiosada | 2013-01-18 19:30 | 判例・省令・通達

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30