人気ブログランキング |

おもしろい記事を見つけたので転載してみました

きつねの足跡を追ってみた。実はきつねうどんの発祥は大阪にあるとされる。船場にある1893年(明治26年)創業のうさみ亭マツバヤだ。
 3代目店主の宇佐美芳宏さんによれば「最初は『こんこんうどん』と呼んでいたようですよ」。初代はすし屋で修業を積み、うどん屋で独立した。いなりずしをヒントに、かけうどんと皿にのせた油揚げを別々に出したのが始まりだったらしい。
 そのうちお客さんが油揚げをうどんに直接のせて食べるようになり、商人の街・船場で大ヒット。いつの間にか「きつねうどん」と呼ばれ、全国に広がっていったとみられる。

「たぬきが生まれたのは江戸時代の終わり、関西より関東が先だったようだ」と杉浦さん。最初はイカのかき揚げをそばにのせていたようだが、「関東ではごま油で揚げるので衣が黒っぽくなる」。茶色がかった濃い色がたぬきを連想させ、名前の由来になったらしい
(日本経済新聞)


以前、ネゴヤンさんと
この点について話題にしたことがありました
こんな由来があったのですね
ネゴヤンさん


関西では揚げ玉は無料で
入れることができるようです

知らなかった!

私は「はなまるうどん」が出来たとき
揚げ玉無料が嬉しくて
「関西って、なんて懐が大きいんだ」と
大量に入れてしまった
貧乏性丸出しの人間です
by toshiosada | 2013-03-08 23:00 | FP

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る