動物愛護

隣家の女性が野良猫への餌付けを続けたため、排せつ物で自宅の庭が汚されたなどとして、約160万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が福岡地裁でありました。
裁判官が女性に対し、慰謝料など55万円の支払いを命じていました

裁判官は、動物愛護の観点から女性の心情に一定の理解を示したが、被害防止の対策をとらなかったと判断。


要旨としては、自宅玄関前に餌を置くなどして複数の野良猫に餌やりを継続。

 
周辺に居着くようになり、原告住民の自宅の庭に入り込んで排せつするなどし、原告は庭の砂利を入れ替えた。


裁判官は、「猫が居着いて、近隣に迷惑を及ぼすことは十分に認識できたはず」と指摘。


この裁判にいたるまでに被告女性は、保健所から行政指導を受けるなどしていました。

裁判官は「餌やりの中止や屋内飼育を行うべきだった」とし、「近隣住民への配慮を怠り、生活環境を害した」と結論付けました。



とても重要な判決がでましたので掲載いたしました。

この問題は動物愛護という点
迷惑防止という点

この2点が争点になっています

私もマンション管理相談会で、実際に同様の相談に出会いました。
その時は子供や赤ちゃんに危害や病気の伝染を優先的に考え
野良猫や野良犬の対処を考えるべきと考えていました
しかし相談者は動物愛護法を盾に現状維持と餌やりの継続を
訴えていました
正直答えに困ってしまいました。

ご近所皆様の問題でもありますし
自治会としての意見集約も促しました

今回は野良猫の餌やりで、ご近所のお宅が汚された
迷惑を被ったということ
餌をやったのなら責任をもって欲しいということの
解釈でもあるのではないでしょうか

ささいな問題かもしれませんが
迷惑を被った方にすれば大問題です

こういった問題が多く日常に潜んでいると考えます
[PR]
by toshiosada | 2015-09-27 10:39 | マンション管理士

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧