あの問題について書きます

今回起きた傾いたマンションの問題について
少しふれてみたいと思います
今回は法律の問題、とくに区分所有法という面から
書くことにいたします


今回のマンションは1棟のみ建つマンションではなく
数棟が並ぶ団地型マンションです

一つの敷地に数棟がならび
敷地も数棟の住民の所有という
俗に言われる団地型というマンションです

マンションが1つのみの場合、通常は
5分の4以上の賛成で建て替え決議がされ
新たにマンションが建つという流れです
これは1棟のみのマンション
そう敷地の上に1棟のみ建つマンションの場合です



しかしながら今回のケースは
4棟全体で5分の4以上、さらに各棟それぞれで3分の2以上の賛成が必要です

細かく記載いたしますと
(A)団地内にある分譲マンション全棟で5分の4以上の賛成
(B)団地内にある各棟の分譲マンションにおいて、それぞれ3分の2以上の賛成

上記(A)かつ(B)を満たして初めて団地内建物の一括建て替え決議が成立します。

もっと実務的な想定をして
団地型マンションの1棟だけを建て替える場合
建て替える1棟の分譲マンションで5分の4以上の賛成
さらに全4棟の分譲マンション(敷地の持ち分割合)で4分の3以上の賛成

となります。

これはかなりハードルが高い話です
つまり4棟の全員の意志確認をしないと無効になってしまうというレベルです

マンションの建て替えはハードルが高い
さらに団地型となると非常にハードルが高いという問題があります
しばし議論されたこの法律も改正はされたものの
いまだ厳しいハードルが残っているのです

マンションという名の資産を残すことが本当に難しいのはこの点にあると
言っても過言ではないでしょう

今回、三井不動産にすべての責任があるのです
この問題は売主責任という点であり
宅建業法違反という部分にあたるのです

三井不動産が全部買い取りという解決策を提示したとニュースにありました
土地の評価額からすると買い取って売り出すと三井不動産が儲かるくらいの
価格になるのかもしれません。(あくまでも予想です)

しかしいずれにしても建て替え決議の問題をクリアしないと
前には進みません
もしくは4棟全員が買い取りに応じて
転居するなども究極の方法としてあるのかもしれません
いずれにしても早く解決して欲しい問題です

だいぶ長く書いてしまいました
今日はこのへんで

次は別の角度から書きたいと思います

           /マンション管理士 kantokuでした
[PR]
by toshiosada | 2015-10-24 21:59 | マンション管理士

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る