映画見てきました

http://www.moneyshort.jp/
マネーショート

解説・あらすじ
リーマンショック以前に経済破綻の可能性に気付いた金融マンたちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットといった豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンのリスクを察知した個性的な金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうと図るさまを映し出す。

2005年のアメリカ。金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベイル)は、サブプライムローンの危機を指摘するもウォール街では一笑を買ってしまい、「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引で出し抜いてやろうと考える。同じころ、銀行家ジャレド(ライアン・ゴズリング)がマイケルの戦略を知り、ヘッジファンドマネージャーのマーク(スティーヴ・カレル)、伝説の銀行家ベン(ブラッド・ピット)らを巻き込み……。

シネマトゥデイ

と、あったので面白そうなので初日に
行ってきました




以前ブラピがプロデュースした

マネーボールが面白かったので

期待を膨らませていきました~!




CDS と言う債権(保険)がキーポイント

保険だから災害にあうとおりるってことで

つまり金融商品が破綻したら保険で儲かる話です

住宅ローン債権が破綻したら保険がおりるCDS

これを買うという主人公



でも儲かるはずがおかしなことに



だってアメリカの金融ですから~(笑)



バブルをバブルでカバーして金融混乱を

回避させるのがウォール街と政府の役目



だからCDS は破綻状態と認定されない

債権相場が落ちん!と慌てる主人公

なぜでしょう?



そうなのです政府とウォール街は

混乱を避けるために相場維持しているのです



というお話



これリーマンショックの話ですが

この債権は次のシェールガスバブルに

続くのです



バブルをバブルでカバーする

アメリカ金融って~ヤバイんじゃない?

って思う映画でした

004.gif

[PR]
by toshiosada | 2016-03-06 08:01 | 書籍関係

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る