オオカミ少年

「来るぞー、備えろー、いますぐ逃げろ!」
少年は言いました




少年は狼がくると危機をあおり
人々の関心集めたが
狼は来ず「おおかみ少年」と
呼ばれました



確かに南米ではハイパーインフレになった国があります

でも現在の日本では考えにくいと思います

なぜなら・・・
「自国通貨建て」だからー!
簡単に言うと円をいくらでも発行できるのです
国債も発行できます
これがユーロだとECBにお伺いをたてないと
借金もできない状況になるのですが
翻って日本の場合は日銀を主体に円を発行し
円が流通するかぎりハイパーインフレや
財政破綻もしないというのが常識です

財務省なのか政治家なのか
国の借金が何兆円あるので
財政が破綻するという言質があります
これは考えられません
国債は円建てであるかぎり無限に発行できます

もし破綻するなら財務省の人間が退職者続出で
転職市場にあふれると思います
もし本当に危機的状況ならば、簡単な見分け方があります

税務署へ行ってください。
現在は人があふれるほど職員がいます
職員らが退職して閑散としていたら
ハイパーインフレや財政破綻もくるかもしれません

まずオオカミ少年かどうかを確かめる必要があります

ただ、世の中には絶対ということはありません
備えて間違いはありません
地震や自然災害と同じで備えておいてもよいでしょう
そのとき財務省・税務署はこういうでしょうね
「自己責任ですから」と





[PR]
by toshiosada | 2017-08-14 06:19 | FP

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
カレンダー