カシオがデジカメ撤退

「コンパクトデジタルカメラ市場からの撤退」をカシオ計算機が正式に発表した。同社は今後、マス市場向けの「カメラ」という形の製品からは一度撤退し、B2B用途やカメラ技術を応用した新ジャンル製品など、「カメラを別の形で活かした新しい製品」(同社・樫尾和宏社長)に事業を切り換えていく。






コンパクトで良かったが
最近はスマホで間に合っていました

スマホのカメラも性能が上がっているが
以前のガラケーでは
カメラ機能が充実したモデルもありました
実際にそのカメラで撮影したものを
プリントすると十分耐えられるレベル
そのときにコンパクト・デジカメの存在理由を
考えました





最近では自撮り棒なるスマホ専用の
伸縮機能つき棒が売られています
デジカメで撮影している若者を
見たことは少ないです
この連休に見かけたのは
デジタル一眼レフくらい

人々の心のなかで
写真が貴重なもの
残したいもの
高価なもの

そんな気持ちから離れてしまったのでしょう

次なる展開に期待します



これは・・・?
[PR]
by toshiosada | 2018-05-12 05:55 | FP

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
カレンダー