音にこだわる

奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」がライセンス料で稼ぐ年収が、全盛期の3%にまで激減している。誕生から10年を迎えて人気が低迷しているのが背景とみられ、商標権を管理する県は新たなデザインを投入し、てこ入れに躍起になっている。(毎日新聞)

MAX約4900万円の収入だったそうで
それがいまでは・・・

と、言っても数あるゆるキャラのなかで
これだけ稼いだものは少ないと思います
ゆるキャラも補助金が削られて消滅寸前なのか?
詳しいことはわかりませんが、継続してほしいキャラクターです


さて、連休中に訪れたヘッドフォン専門店にて
ゼンハイザーの商品を視聴しました


このゼンハイザー・ヘッドフォンは
中音域にすぐれていてノイズも少なく
とてもすぐれた商品でした

とくにクラシック、和楽器など
アナログ音楽を聴くのに良いと思いました

最近は琴や尺八、琵琶などを中心とした
音楽も聴くようになりました
古の都・奈良の姿を思いながら
聴くのも良いのでは?




[PR]
by toshiosada | 2018-05-13 20:15 | 音楽・ミュージシャン

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
カレンダー