人気ブログランキング |

ファミコンが世に出て・・・

ファミコンの日(7月15日 記念日)1983年(昭和58年)のこの日、任天堂から家庭用ビデオゲーム機「ファミリーコンピュータ(通称:ファミコン)」が発売された。メーカー希望小売価格は14,800円であった。発売後、徐々に人気となり1年間で300万台以上を販売した。その後、『スーパーマリオブラザーズ』や『ドラゴンクエスト(ドラクエ)』などの人気ソフトで爆発的にヒットし、4年足らずで1千万台を突破した。最終的な出荷台数は全世界累計で約6,291万台を記録した(日本で約1,935万台)。

このファミコンが世界的にブームを巻き起こし
様々なゲームが出てきました
ファイナルファンタジーやテトリスなど

ストリートファイターやファイナルファンタジーは
その後に映画化もされた
内容はともかく、映画の出発点がゲームという
新たな展開が行われました


ところが今や
パソコンでさえも4万円程度まで値段が下がり
携帯電話だけでも十分対応できる時代になりました

「Surface Goの主な特徴は、Surfaceシリーズとしては最薄最軽量で価格も廉価に抑えた点。ディスプレイは10型、厚さは8.3ミリで、重量は約522グラム(1.15ポンド)。

 価格は「399ドルから」と廉価に抑えつつも、高精細をうたう「PixelSense Display」や4096段階の筆圧検知ペンに対応。」


この進化はどこまでいくのでしょうか?





by toshiosada | 2018-07-14 11:31 | 映画関係

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る