人気ブログランキング |

ファミリーマートは埼玉出身

いつの間にか
大阪も埼玉になってた・・・



いまさらですが
ファミリーマートは埼玉出身です

wikiによりますと

1973年、西友ストアー(現:西友)が、埼玉県狭山市内にCVSの実験店舗を開設。
76年にはCVS事業をファミリーマートと命名しFCオーナーの募集を開始。
1978年には船橋市内にFC1号店が開業する。

だそうです

狭山1号店は知らないけど
船橋FC店は利用させていただいてました

まだこの頃は西武、西友も元気で
流通業界の雄として覇権を争っていました

コンビニがマンションの1Fに入居することも多く
ニューファミリーや独身には人気のマンションと
なることもありました
私もマンションのパンフレットをもらうと
1Fにはコンビニが入居とあり
利便性をうたうものも見受けられました
その後、市場も飽和状態が見え始めると
駅構内での出店も多くなり、西武鉄道には
コンビニやスタバが入店する機会が増えていました

それが今やコンビニもスタバも歓迎される雰囲気は
薄れてしまったようです
居住用のみマンションが圧倒的に多く見受けられます

これは、管理規約の問題、環境の問題、騒音の問題など
さまざまなトラブルがあったと考えます

マンションの1Fに店舗という「下駄履きマンション」は
いつの時代も時間的整合性がありません
居住者は駅に近くて利便性を買い、夜は静かに寝たいものです
ところが店舗は24時間稼動して利益を追求したいのです
相反する思いがいつのまにか衝突につながります

管理規約だけでは解決できない問題に発展していきます

このような事例が多々表面化し、いつのまにか
居住専用マンションが増えていくのです


いつか皆さんが理事になったら、
マンションの整合性について考える日が
くるはずです







by toshiosada | 2019-04-08 20:50 | マンション管理士

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る