人気ブログランキング |

2007年 10月 06日 ( 1 )

肩の力を抜いて・・・

なんとなく勢いだけで始めたブログ
アフィリエイトをやるわけでもなく、バナーをはるでもなく・・・
まぁ肩の力が抜けたブログをやっていきます。



「こんな判例でました」
東京都板橋区内のマンションで、階上に住む男児が跳びはねる音により精神的な
苦痛を受けたなどとして、階下の男性が男児の父親に240万円の損害賠償を求めた
訴訟の判決が3日、東京地裁であった。

中村也寸志裁判官は「騒音は受忍限度を超えていた」として、慰謝料など36万円の支払いを命じた。  中村裁判官は「夜間や深夜には騒音が階下に及ばないように、長男をしかるなど 住まい方を工夫し、誠意ある対応を行うのが当然」と述べた。 騒音は当時3~4歳だった男児が、廊下を走ったり、跳びはねたりしたときの音と認定。 午後7時ごろから深夜に及び、50~65デシベルと都条例の定めた騒音レベルを超えて いたとし、「被告の住まい方や対応の不誠実さを考慮すると、騒音は受忍限度を超えて
いた」と結論付けた。

 判決によると、平成16年2月、被告家族が引っ越してきて以来、被告の長男が跳び
はねる音が深夜まで続いた。男性の注意にも被告家族は乱暴な口調で対応、17年
11月に転居するまで改善されなかった。

産経新聞 2007.10.3 20:36
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/071003/trl0710032036006-n1.htm


不動産営業マンだけに贈るブラックジョーク

   「ひそかな矛盾」

営業マン
「この物件はSI(スケルトンインフィル)住宅で、リフォームがとても簡単ですから
3世代以上ご利用になれますよ。それに100年コンクリートを使用しているから、半永久的にずーと住み続けられますよ。」



「・・・・」(いつ建替えるのだろう?)

マンション建替え問題は、とても難しい・・・。
by toshiosada | 2007-10-06 10:56 | 判例・省令・通達

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る