人気ブログランキング |

2017年 07月 01日 ( 1 )

民泊

アパマンショップが民泊参入
サービス開始に向けて、日本語に加え英語、韓国語、中国語を取り入れ、
外国人も物件を探せるように動き出しています。


賃貸大手のエイブルもすでに参入を発表


もう一つ賃貸大手のミニミニも、もともと家具・家電付きの物件の取扱いに

力を入れていたため、民泊参入も対応可能でしょう



ついに不動産を中心とした企業が民泊業に参入

当然というか予想通りでしょう


観光事業の拡大を目指す政府では

歓迎の方向性と思います

しかし既存の施設は・・・?


以前、海辺のマンションを借りる宿泊施設を使いました

冷蔵庫、キッチンなど普通のマンション1室を

ホテル風に使用しているものでした

民泊の簡易版みたいなもの

そのとき感じたのは、家にいるのと変わらない

つまり外国人が使うと良いかもしれません

日本人の住まいを体験しつつ

家電を使いこなし、まるで日本人になった気分になれるかも

気に入った惣菜や食材を使って料理を作ることもできます


この非日常的な行動が、その町・その場所・その店を

気に入ってもらい、ひと時の日本での生活を通じ

その町のファンを増やすことはプラスになると考えます

これって長期宿泊体験には非常に良いと思います


嫌いとか怖いとかという感情は

知らない・わからないという感情からくる場合が

多いので、体験からはじまる点にメリットがあります


こんな宿泊施設を通じて

日本を理解してくれると

親日家も増えるかもしれません




民泊を応援・推進する気持ちは

ありませんが、民泊の良い点を

考えて書いてみました






ヨーロッパの国々では
長期休暇が当たり前
そんな部分を日本も見習えば
もっと日本人も見聞が広がると
思います




by toshiosada | 2017-07-01 07:02 | マンション管理士

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る