人気ブログランキング |

カテゴリ:映画関係( 49 )

邦画と日本の俳優

インザヒーロー




唐沢寿明さんの作品です

この俳優さんの作品や本は
大概見ました。

演技上手いなぁ♪

日本を代表する俳優さんに
なるんじゃないかな♪


中年スタントマンの悲哀が
描かれているのですが
実際の現場はもっと厳しい?

スタントマンだった人や
現役の人と会ったけど
なかなか大変な仕事です




by toshiosada | 2015-05-16 07:31 | 映画関係

ただ今読書中




年金貰えるのだろうか?


人生設計の柱ですからねぇ~!




by toshiosada | 2015-05-01 06:56 | 映画関係

濱口梧陵

濱口梧陵
ラジオで知ったのですが
ヤマサ醤油発祥の地
和歌山出身の方です
詳細は
こちらのwiki
で見てください

津波から村人を救った人

津波被害を救っただけでなく
私財を投げて村への公共投資を行い
救った人です

千葉とつながりがあったという偉人です♪




by toshiosada | 2015-04-19 07:26 | 映画関係

エンゼルバンク

先日の続きです

公務員数は、地方330万人(教育115万、消防・警察43万など)と国家公務員68.7万人(行政職33万、自衛官25万、郵政公社26万【民営化】など)で、これに第三セクター、地方独立行政法人、特殊法人、国立大学法人、公益法人、政府企業、認可法人、非特定独立行政法人などの職員を加味すると、やはり900万人に近い数字になるようです。

「コア」の公務員数だけでなく「準公務員」や、給与が公務員に準ずる或いは強く影響される関連職員数もかなり多いようです

大まかには生産労働人口が6300万人として
約15%が公務員になります

多いか少ないかはともかく
これは減らないだろうなと
思います

理由はエンゼルバンクというマンガに
書いてあります


官僚は天下りを作る事が悪だとは考えていない
天下りをしないと、定年あとに行く先がない
など色々理由があるようです!

天下り天国
そんな声が聞こえてきます

by toshiosada | 2015-04-16 06:00 | 映画関係

お悔やみ申し上げます

以前ここで紹介いたしました

フリーアナウンサーの

山本文郎さんがお亡くなりになりました

ご冥福を申し上げます
by toshiosada | 2014-02-27 22:50 | 映画関係

私は愚痴ばかり

f0151635_10934100.jpg


写真の方はだれなんでしょうか?

掛川城で見つけた色紙

良い言葉なので思わず写真とりました

色紙に名前があるが

読めません008.gif

どんな人なんだろう?

誰か教えてください
by toshiosada | 2013-09-17 05:00 | 映画関係

知機心自閉




知機心自閉

・・・原理原則を知れば心は自ずと静かである

つまり相手の出方が分かれば、あとはじっくり構えるだけ

という言葉です。この本から学びました029.gif



この本を10年くらい前に読み

野村克也氏という指導者に興味が沸きました

野球のことは明るくない私ですが

長嶋茂雄氏に対する自虐的な比喩で

ヒマワリと月見草で例えたことは知っていました

なぜ・・・?

これも野村氏のウィットと戦略に満ちた

マスコミ向け発言だったのでしょう001.gif



近代野球に行動心理を取り入れ

ID野球というシステムを作り

指導者とキャッチャーがゲームを支配する

科学野球を作り上げた素晴らしい指導者です

さらにブレーンもすごかった!

そのブレーンの本やドラマも見ました

勝つに勝つための理由があるのでした



先に紹介いたしましたザ・ゴールとともに

仕事というゲームを組み立てるためには

どうすれば良いのかを教えてくれる

1冊でした003.gif





しかし国民栄誉賞の長嶋氏に対し野村氏は・・・028.gif
by toshiosada | 2013-06-23 20:34 | 映画関係

あの社長がオススメした本




工業系、プラントや製造ラインに関わる方なら

とっつきやすいかなと思って読んでいたら

いやいや組織論の本でした

とても感激しました

テレビショッピングで有名な社長が

新聞でオススメしていたので

読んでみました

大変勉強になり、2回も読んでしまいました

社長さま、この本を紹介してくれて

ありがとうございました



もうひとつ

これは家族愛の本なのか

人間ドラマなのか・・・



この本は泣けます

太平洋戦争末期

零戦のパイロットになった

男の物語です


金八先生と同様で

こんな人がいたらいいなぁと思える

フィクションなんですよ

ネットで批評をさがしたら

戦争中の話なので細かいところで違いがあるようです
by toshiosada | 2013-06-20 20:54 | 映画関係

脱亜論

人は何か壁にぶちあたるとき

原点に戻れといわれる

ならば・・・

いまこそ脱亜論を

読むべきときかもしれない

政治や経済を論じれる身分ではないが

自分なりの解釈は必要だと思う

知性派、知的欲求の高い方、学術経験者など

知性にあふれた方にこそ読んでいただきたい

「脱亜論」
新脱亜論 (文春新書)


朝鮮半島における諭吉の論理

by toshiosada | 2012-10-01 04:30 | 映画関係

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る