<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マンション非居住所有者に限定の管理協力金「適法」 

最高裁 分譲マンションの一室を賃貸に出すなど実際には住んでいない区分所有者に対し、管理組合の役員業務を免れているとして月額2500円の住民活動協力金を課すことの是非が争われた訴訟3件の上告審判決で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は26日、いずれも課金を適法と判断した。

 3件は大阪市北区の「中津リバーサイドコーポ」(4棟、計868戸)が舞台。判決はいずれも管理組合側の全面勝訴で、不在所有者5人(うち1人は故人)に計99万円の支払いを命じた。

 区分所有法は「組合の規約変更の際、一部の所有者に特別な影響を及ぼす場合は承諾が必要」と規定。今回の金銭負担が「特別な影響」に当たるかが争点だった。

 マンション管理組合は、住人の高齢化などで担い手不足に陥る恐れが懸念されており、不在所有者に応分の負担を求める動きも出てきそうだ。

 判決は「居住所有者だけが役員になって良好な住環境の維持を図り、不在所有者は利益のみ享受している。不公平是正のため不在所有者に金銭負担を求めることには必要性、合理性がある。『特別な影響』を及ぼす場合には当たらない」と指摘した。

 判決によると、役員がボランティア活動などを行う同マンションの管理組合は2004年3月、不在所有者に月5千円の協力金を課すことを議決。07年3月から徴収額を半額にした。

 このマンションでは、管理組合の規約で役員にならない不在所有者が全体の約2割に達している。


PS
画期的な判例が出たのでアップいたします。
調べてみると、この裁判長はオウム事件でも
画期的な判例を出しているようです。

<参考までに当時の記事を抜粋>
「地下鉄・松本両サリン事件や坂本堤弁護士一家殺害など13事件で殺人罪などに問われ、1審で死刑判決を受けたオウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫被告(51)について、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は15日、控訴趣意書の未提出を理由に控訴を棄却した東京高裁決定を支持、弁護側の特別抗告を棄却する決定をした。」

PS2
多忙状態から抜け出すべく仕事をセーブしました。
来週から大変ですが、体が大事なのでゆっくり休みます。
[PR]
by toshiosada | 2010-01-29 21:27 | マンション管理士

富士山

みなさんは初夢みましたか?
鷹・富士山・茄子の夢をみるのが良いと聞きますが、
私は見たことなんかありません。
だいたい鷹や茄子の映像が夢にでてくることが
想像できません・・・なので
富士山へ行ってみました。

1枚目
f0151635_18131059.jpg


2枚目
f0151635_18144856.jpg


デジカメを忘れたので、
2枚とも私の携帯電話で写したのですが、
1枚目は私が、2枚目は娘が撮影したものです。


なんか負けたような気がします・・・(涙)





お正月に食べすぎたかなぁーと思ったら・・・

[PR]
by toshiosada | 2010-01-03 07:13 | マンション管理士

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧