<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

冬のチューリップ

ふなばしアンデルセン公園(船橋市金掘町)で
この時期、特殊な方法で真冬に咲くように育てたチューリップが満開を迎える。

 園内では12種類、約1万5000株のチューリップが
1月中旬から春先にかけて順次開花する。
南半球より輸入した球根を用いて冷蔵冷凍処理により
開花時期を調節したチューリップは、真冬に満開を迎えることから、
同園のチューリップを毎年楽しみにしている常連客も少なくない。



PS
冬にチューリップとはビックリです!

[PR]
by toshiosada | 2012-01-25 04:30 | etc

ちょっとビックリしたこと・・・(^^;)

皆様 明けましておめでとうございます・・・と、言ってそろそろ
一ヶ月が経とうとしています。

今年1発目の驚いたこと
息子さんが結婚したと聞かされ
その子が平成5年生まれだったことです

えー平成5年って最近じゃん!

みなさん、平成5年って何してました???

確実に一つ一つ歳を取っている自分に改めて気づきました(涙)





さてこのところ、この話題が新聞を賑わせていましたので・・・

継続雇用基準廃止を建議――厚労省・高年法改正へ
厚生労働省の労働政策審議会は、
今後の高齢者雇用対策についての建議をまとめた。
雇用と年金支給を接続させるため、
継続雇用制度の対象となる高齢者を決定できる
基準制度を廃止することが適当としたが、
就業規則上の退職事由に当たるなど
客観的合理性や社会的相当性を有する場合は、
対象外とする扱いも可能とする。
法定定年年齢の65歳への引上げは、
年功要素の強い賃金・退職金制度の状況を
みながら中長期的に検討していくとした

・・・と本当に65才定年時代が来そうな気配です
早くリタイアして青い海と白い雲の下、
トロピカルドリンクにミネラルウォーターならべて
綺麗な浜辺でのんびりと暮らしたいです!




PS
いつもコメントをいただけるネゴヤンさんから
恵方巻を食べるのですか?と聞かれました

「食べます!」というより「普通に食べます」

何々系アメリカ人という言葉を聞きますが
我が家は夫婦とも関西系&東京系千葉県人

我が家にタコ焼き機が当たり前にあります
単体機、ホットプレート式、ガスコンロ式と3種類
お好み焼きは、大阪式。広島焼きも好きですが
ほとんど大阪お好み焼きです
さらに東京もんじゃ焼も同時に食べます
たこ焼き、お好み焼き、もんじゃ焼きのトリプル粉モノとなります

それから何かあると串あげ屋に行きますが
関東は高いのでめったに行けないのが悔しいです
梅田の駅地下のような手頃な串あげ屋が少ないのです
家庭に串あげ機もあったのですが壊れてしまい
買いなおしていません(^^;)

食に豊かな関西が羨ましいなと思うことシバシバ
関西のキツネうどん、京都のゼンザイも好きです

と、食べ物の話題のみになってしまいました(笑)
[PR]
by toshiosada | 2012-01-24 04:30

辰年

今年は辰年です
はたしてどんな年になるのでしょうか?

さて、過去の辰年は・・・
新幹線開通と東京五輪開催(1964年)
青函トンネルや瀬戸大橋の開通(88年)など
大規模プロジェクトの完成が目立ちます。

では今年は?
東京スカイツリーが5月に開業します!
なにやら歴史の1ページに刻まれる建築物が多く
完成している年なんですねぇ~

アメリカでは
スティーブ・ジョブズ氏が仲間と一緒に
アップル社を設立したのも辰年(1976年)です
(アメリカに辰年は関係ないかぁ!)

なにやら色々ピークの年なのかもしれないですねぇ

ちなみに十二支別で最も株価(日経平均)が上がったのが辰年だそうです。
(2000年には大幅に下がったようですが・・・)

今年は良い年でありますように(^^;)
[PR]
by toshiosada | 2012-01-14 16:23 | FP

判例

マンション欠陥、事故起きなくても賠償を命令

 大分県別府市で購入した9階建て新築マンションに欠陥があったとして、同県内の男性(44)が設計業者と施工業者に計約3億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の2度目となる差し戻し控訴審判決が10日、福岡高裁であった。


 古賀寛裁判長は、一部の居室の床板が強度不足でひび割れしたり、梁(はり)の鉄筋が不足していたりした点について、「建物の基本的な安全性を損なう欠陥については、設計、施工業者に賠償責任がある」として請求の一部を認め、計約3800万円の支払いを命じた。

 訴訟では実際に事故が起きる前に、購入者と直接契約関係にない設計、施工業者に賠償請求が可能かどうかが焦点となり、最高裁が2回、高裁に審理を差し戻していた。判決は欠陥を認めた内容のうち、多くは設計、施工業者の連帯責任とした。
[PR]
by toshiosada | 2012-01-11 19:57 | マンション管理士

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る