<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

40歳定年制の導入

「40歳定年」賛成?反対?
出典:web R25

7月6日、野田佳彦首相を議長とする国家戦略会議の分科会は、国の長期ビジョン「フロンティア構想」の報告書をまとめた。そのなかで特に話題を呼んでいるのは“国家の衰退を防ぎ、個人や企業が能力を最大限生かして新たな価値を生む国家像を2050年に実現するための政策”として盛り込まれた、「40 歳定年制」案だ。

これは「繁栄のフロンティア部会報告書」のうちの「皆が 75 歳まで働くため」の施策。報告書では、定年年齢の引き上げのような制度改正は、一つの企業内に人材を固定化させ、企業内の新陳代謝を阻害し、企業の競争力を低下させることで、かえって雇用の減少につながるおそれがあるとし、「人生で2~3回程度転職することが普通になる社会を目指すためには、むしろ定年を引き下げることが必要」とする。

このことが報じられると、就職活動や転職活動など、仕事やキャリアについてよく話題にするネットユーザーらにも衝撃を与え、2ちゃんねる・ニュース速報+板に立てられたスレッド「【話題】 雇用流動化へ『40歳定年を』 政府が長期ビジョン」では、“転職が普通になる社会を目指す”といわれても将来の具体的なビジョンが見えないことから、

「もー絶対子どもなんか作れないな」
「そのあとどうすんだよってのは一切考えてない」
「これやったら失業率20パーくらい 楽に超えそうなんだが」(原文ママ)

といった悲観的なコメントが殺到。ほかにも、

「人材の固定化が問題だというなら、国会議員の多選も禁止しなければならない」
「何が酷いかってこの提言が政府主催の公的な会議ってところだ」

といった意見も。

ちなみに報告書では、40歳の定年でリタイアするのではなく、新しい職場に移ったり、同じ職場で再度雇用契約を結ぶことを踏まえた長期的な対策を提案している。40歳の定年に向け、「入社 10 年目程度の労働者に『所得補償付きサバティカル休暇』を取得」することを権利として認め、若い段階から社外との交流を拡大することを促進することが、労働市場の流動化につながるとしている。




PS
この記事に関して、ネットでも賛否が分かれているようです

労働系の弁護士なんかだと言語道断みたいだし
企業側のスタンスは概ね賛成のようです

では肝心のサラリーマンらは?

個人的には賛成です

以前、東京大学大学院(工学部)卒の先生と

サラリーマン40歳定年制を議論したことがあります

ですが、この議論はあえてここではせず

次の機会に回したいと思います

なぜなら・・・まだ決まっていないので(汗)
[PR]
by toshiosada | 2012-07-20 04:30 | 労務・労働関係

白熱の議論

先日、管理組合の会議が6時間オーバー
途中に中断はあったが、ほぼ一日がかり

白熱・・・ヒートアップ・・・

いやいや和やかな会議でした

PS


先日、この本を読んでみました
なかなか勉強になりました

16歳のときに読んでいたら
人生変わっていたかも(笑)
[PR]
by toshiosada | 2012-07-18 04:30 | マンション管理士

THE JAM

THE JAM
80年代に一世風靡したバンドです
イギリスのロックバンドです
本国では、そこそこ息長く売れたバンドです


詳しくは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A0

「David Watts 」
http://www.youtube.com/watch?v=pZj4NglEPUI

このデビッドワッツという曲では
自分を貶めて、デビッドワッツ=優等生=上流階級を
皮肉っています。
つまり自分は労働者階級だからさー
所詮あんたは上流階級だろ?
みたいな身分制度の批判を
歌ったものです

<和訳>
僕はドジでお馬鹿なヤツ
水とシャンペンを見分けることも出来ません
そして女王になんかこれまで会ったこともない
僕も彼が持ってるようなもん全てを欲しいなあ
デヴィッド・ワッツみたいになれたらいいなあ

彼は学校の生徒会長です
彼はチームのキャプテンなんです
彼はとてもキラキラしてて無邪気
僕も彼が持ってるようなもん全てを持てたらなあ
デヴィッド・ワッツみたいになれたらいいなあ


*ようするにバカにしているのですよ
みんな頭の良い秀才君とか
こうやって皮肉ったでしょ
どこの国も同じなんだなぁと思いました
が・・・
歌詞の中で本当に批判しているのは
上流階級と階級社会
だということはわかりますよね!


また時には

「Down in the tube station at midnight」
http://www.youtube.com/watch?v=RxhN7MQ6uYw&feature=related

ヘイ、ボーイ
連中は叫ぶ
金を持ってないかい?
そして私は言いました
少しばっかのお金とお土産のカレーは持ってるよ
私は家内のいる家に帰る途中
彼女はナイフやフォークを並べているでしょう
あなたにはわかりますね
彼女が私を待っているってことが
コップを磨いてコルクを抜いています
そして私は深夜、地下鉄の駅で倒れている
云々

*これは80年代イギリスが失業者にあふれ
デモや右翼集会が盛んだったとき
うかつに地下鉄にのると
暴漢に襲われるそうになるくらい
街が乱れている。
失業者をつくりだしても
自分たちはノウノウと生きている上流階級たち
労働者階級は地下鉄に乗らないと帰れない
でも危ない目にあってしまう
上流階級には、わからないだろう

失業者が溢れ、世の中がみだれると
こんなめにあうという話
つまり社会が混乱していること
政治や役人が機能していないことを
皮肉っている歌詞が読み取れます


@@ストレートな曲に皮肉たっぷりの歌詞
10代後半から20代にかけて書いた詩だが
すっかり大人目線でイギリスの若者を
魅了させたTHE JAM
懐かしさいっぱいでした。

しかし、このシチュエーションは
今の日本とどこか似ている気がするのは
私だけでしょうか?
[PR]
by toshiosada | 2012-07-11 04:30 | 音楽・ミュージシャン

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧