<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

120年ぶりの改正!

先日、敷金の返還ルールが明文化されるとブログで書きましたが
この法律は120年も変わっていなかったとのこと!

まぁびっくりですねー
120年ですよ


この国は先進国といいながら120年間何も変わらない
法律を延々とつかっていたんですね

東京都では、石原知事時代の2004年に、
わかりにくい敷金のルールについて、
独自の「東京ルール」を定め、
原状回復のガイドラインを設けている
のだそうです


さすが東京都、すごいなぁー
田舎じゃこんな理屈すら理解できない人が
執務をおこなっているんでしょうかね?


で、どうなるかという本題ですが
「借り主は通常の使用による傷みや汚れ、
経年変化については、
原状回復の義務を負わない」という
新たな敷金ルールが明記される見通しだそうです


また決定しましたら
このブログで書きたいと思います
[PR]
by toshiosada | 2014-08-26 21:54 | マンション管理士

空き家対策

先日、国の空家率が発表されました
たしか10数パーセントの空き家があると書いてありました


この問題は今後全国的に広がるだろうと予想され
すでに一部市町村では空家バンクなどという登録制度なども
行っています。
これは、すでにある空家を賃貸で市場へ出し、空室率を解消するというもの

しかしこれだけでは解決しないでしょうから
さらに深くこの問題に取り組まないと厳しいのではないでしょうか027.gif



税制面の改正もあるようですが、目がはなせない問題です



治安という点だけでなく
家というのは住んでメンテナンスをしないと
長くもたないものです
やはり居住者があってこその家だと思います


現在、千葉県の流山市というところで
この問題について、いろいろ取り組んでいるようです
今後、注目かもしれません056.gif



<流山市の取り組み>
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/life/36/292/015114.html
[PR]
by toshiosada | 2014-08-23 11:17 | FP

やはり来ましたか!

ローソンは、介護が必要な高齢者を支援するコンビニの展開を始める。介護事業者と提携し、ケアマネジャーが常駐して介護サービスを紹介したり、生活相談にのったりする。超高齢化が進むのに対応し、新たなサービスで客を増やす狙いだ。
 首都圏で介護事業を手がける「ウイズネット」(本社・さいたま市)と提携し、同社がローソンの加盟店となり、店を運営する。1号店は来年2月に埼玉県川口市に開く予定。


PS
コンビニの次なる展開を予想していたのですが
やはり介護分野に進出ですね
イオンやヨーカドーも大型店での介護分野に
力を入れだしたのは数年前
次にコンビ業界が手をだすとは
誰もが予想していると思いましたが
ローソンが先鞭をつけましたね

第1に24時間営業であること
第2に近所にあり利便性が高いこと
第3に相談できる人がいること
第4に各方面に相談・紹介できること


介護分野はコンビにと親和性がよいと感じます
ただ品揃えとサービス内容に注意を払わないと
ドラッグストアーに負けてしまいます
その点を第1から第4の部分で差別化を
図ることができます

今後も広がる高齢化問題
各方面からの介護分野への進出が
考えられます

次はどの業界でしょうか?
[PR]
by toshiosada | 2014-08-17 14:12 | FP

敷金はどうなる?

 法相の諮問機関である法制審議会の民法(債権関係)部会が検討している改正要綱原案に、賃貸住宅の「敷金」に関するルールの明文化が盛り込まれていることが14日分かった。敷金の定義や返還については現行民法に明確な規定がなく、トラブルの原因になっていた。改正によって、退去時に借り主が家主の“言いなり”になる不合理が減ることになりそうだ。(産経新聞)



PS
この敷金という制度が明文化されると
これまでのトラブルは多少減るでしょう

[PR]
by toshiosada | 2014-08-16 10:19 | マンション管理士

こりゃ大変だ

ハチ公はどこへ? 渋谷駅周辺の再開発に伴い、今月から駅ビルの建設工事が始まったが、渋谷のシンボル、ハチ公像の設置場所が未定という。


渋谷の待ち合わせ場所の定番でした
今のようにスマホや携帯電話がない時代は・・・

なつかしい・・・が、
まさか、こんなことになっているとは!
[PR]
by toshiosada | 2014-08-08 11:24 | etc

年金

週刊ポストが特集した記事によると・・・

河野太郎・代議士が厚労省から入手した資料をもとに「真の年金納付率」が約40%にすぎないことを報じた。その河野氏が、このたび新たな厚労省資料を入手した。年齢層ごとの「真の年金納付率」だ。その数字は衝撃的なものだった。
 
●20~24歳:21.4%
●25~29歳:31.7%
●30~34歳:38.2%
●35~39歳:42.1%
●40~44歳:43.0%
●45~49歳:42.9%
●50~54歳:47.5%
●55~59歳:53.7%



PS
あらまー
働き盛りの30から40代で40%前後ですか!
この先、年金ってどうなるの?
[PR]
by toshiosada | 2014-08-02 09:32 | 労務・労働関係

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る