人気ブログランキング |

タグ:不動産 ( 9 ) タグの人気記事

08年基準地価、下落幅が拡大 サブプライム問題で資金流入急減


 国土交通省が18日発表した2008年の基準地価(7月1日時点)は
全国の全用途平均で
前年比1.2%下落し、0.5%のマイナスだった07年から下げ幅が広がった。
07年まで2年連続で上昇した3大都市圏(東京、大阪、名古屋圏)では
伸び率が大幅に鈍った。
米国の信用度の低い住宅融資(サブプライムローン)問題の影響で国内外の
金融機関から不動産への資金流入が急減。
地価をけん引してきた都心部でも地価下落地点が出るなど、
不動産市場の変調が鮮明になってきた。

 全国基準地価(全用途)のマイナスは17年連続。
2003年の5.6%下落を底に07年まで下落幅が縮小していた。
しかしサブプライムローン問題の影響などで
「08年に入り急速に地価の下落傾向が広がった」
(国交省地価調査課)という。

 特に昨年まで2年連続で上昇した3大都市圏で
減速ぶりが目立つ。
3大都市圏の地価は07年に前年比5.1%上昇したが、
08年は1.7%に鈍化。
景気の減速などで不動産を買い控える傾向が出ている。






by toshiosada | 2008-09-19 05:05 | マンション管理士

住宅性能評価書

よく見かける住宅性能評価・・・


「住宅性能評価書」とは、国土交通大臣指定の第三者評価機関が、耐震性や耐久性といった基本的な住宅性能を、設計段階から施工段階、建物完成時にも共通ルールに基づいて厳正に審査し、等級などでわかりやすく表示するものです。「ゼファー上尾 緑丘」では、「住宅性能評価書」を取得することで、建物の性能と品質を客観的に証明し、安心できる住宅としてお届けします。

住宅性能表示制度は、良質な住宅を安心して取得できる市場を形成するためにつくられた住宅品確法に基づく制度です。 平成12年4月1日に施行された住宅品確法(正しくは「住宅の品質確保の促進等に関する法律」)は、質の良い住宅を安心して取得できるようにするためにつくられた法律です。この法律は、「住宅性能表示制度」を含む、以下の3本柱で構成されています。

1.新築住宅の基本構造部分の瑕疵担保責任期間を「10年間義務化」すること
2.様々な住宅の性能をわかりやすく表示する「住宅性能表示制度」を制定すること
3.トラブルを迅速に解決するための「指定住宅紛争処理機関」を整備すること

このように書かれています。
でも、なかなか見ないですよね。

このHPでは、住宅性能評価について説明されています。
詳しくは↓[Quality]の項目をクリックしてください



by toshiosada | 2008-05-09 08:03 | マンション管理士

判例

入居時の「定額補修分担金は無効」 貸主に返還命令2008年04月30日

 マンション入居時に補修費名目で一定額の「定額補修分担金」を払わせるのは不当だとして、元借り手の女性が計22万3千円の返還を賃貸マンションの貸主に求めた訴訟の判決が30日、京都地裁であった。中村哲裁判長(辻本利雄裁判長代読)は「借り手の利益を一方的に害し、無効」と述べて16万円の支払いを命じた。

 原告側の京都敷金・保証金弁護団によると、定額補修分担金はほかに群馬、愛知、香川などの各県で支払いを求められるケースが確認されているが、判決で無効とされたのは初めてという。

 貸主側は「分担金は借り手の軽い過失による損傷を補修する費用」などと主張した。しかし、判決は「通常損耗は普通、賃料に含める形で回収されている」とし、分担金について「借り手が負担する必要のない費用の支払いを強いており、金額も貸主が一方的に決めている」と述べて退けた。

 判決などによると、原告の女性は05年3月、京都市の酒造会社が所有するマンションの賃貸契約を締結。「必要な範囲での室内改装費用」として家賃2・5カ月分に相当する定額補修分担金16万円を支払った。原告側は分担金について、貸主が敷金や保証金の一部を差し引く「敷引き」などと同様、通常損耗の補修費を借り手に負担させるのは消費者契約法に違反すると主張していた。 (朝日新聞より)
by toshiosada | 2008-05-01 06:09 | 判例・省令・通達

マンションのトラブル

水回り修理トラブル急増 「低料金」広告でも高額請求(1月14日 産経新聞)


 ≪国民生活センター「過去最悪のペース」≫

 台所や風呂、トイレなど水回りの修理サービスをめぐるトラブルの相談が急増していることが、国民生活センターのまとめで分かった。投げ込み広告やチラシで「低料金」をうたいながら、工事後に高額請求される事例が多く、1000万円の高額契約を結ばされたケースもあった。全国で寄せられた相談は年々増える傾向にあり、今年度(12月10日現在)は795件と、前年度同期比で52・3%も増加。同センターは「過去最悪のペース」として注意を呼びかけている。

 同センターによると、契約金額は5万円未満が35%以上を占め、平均は約18万円。一方で、500万円以上の高額なケースも4件あった。

 北関東地方の50代女性は、「基本料金3000円」と書かれた電話帳広告を見て蛇口の水漏れ修理を業者に依頼。事前に料金説明のないまま、作業後に5万5000円を請求されたが、交換した水栓はホームセンターで1200円程度で売られていたという。

 また、近畿地方に住む50代女性は、蛇口の水漏れで、折り込み広告とともに配られた業者のシールを見て電話したが、「壁の中に水が漏れて染み込んでいる」「水道管全部の工事が必要」などといわれ、次々と別の工事を契約。結局、総額は640万円にも上った。

 作業内容・料金について事前に説明せず、苦情を訴えたり、支払いを拒否したりすると、「逃げられた人は一人もいない」などと一転して威圧的な態度を取る業者が多いのも特徴となっている。

 同センターは「広告を見ただけで低料金で済むと考えないでほしい。依頼目的と異なる工事を勧められても、他の業者にも話を聞くなど冷静に対応してほしい」と話している。



この記事に関連した内容は実際に消費者生活センターから問い合わせや相談を受けました。しかし、現実問題として消費者は近しいところに水道屋さんを知る人が少ないはず・・・

また、地元業者も24時間対応しているところがあるのかどうか・・・


以前、悪徳リフォーム事件がありましたが、水まわりのトラブルは一刻を争うものなので、相談に時間的な余裕がないでしょうから、このような事件があっても仕方がないかもしれません。

・・・でも解決策もあるはずです。

by toshiosada | 2008-01-14 19:05 | マンション管理士

ローンの返済が厳しいとき パート2

国民年金免除の話題 パート2です


申請による4分の1免除

平成18年7月から申請免除に4分の1免除と4分の3免除の2つが加わります。4分の1免除の場合の所得基準は以下の通りです。

本人一人のみの場合 189万円

2人世帯(夫婦)のみ 247万円

4人世帯(夫婦+2人)子の1人は16歳以上23歳未満 335万円


 
 この数字なら、現実的なものに感じられませんか?(ここにある数字は目安です。1/4免除、半額免除、3/4免除は所得控除等を勘案しますので、必ず社会保険庁へ確認してください)
 とにもかくにも申請主義をとっている年金制度ですから、何もせずに未納のままだと年金を受け取れなくなる可能性もあります。まずはアクションを起こすことです。

by toshiosada | 2008-01-06 00:10 | 労務・労働関係

受水槽スペース

  受水槽スペース有効活用で広がる可能性

 マンションでは、増圧直結方式に変更するとコスト削減やスペースの有効活用が出来る場合がある。

 空いた受水槽スペースを駐輪場や駐車場として活用すれば、使用料金等の収入が増えるので、増圧直結の利点を活かして導入できるマンションはたくさんあるのではないだろうか。

 一考である。
by toshiosada | 2007-12-15 17:09 | マンション管理士

田の字

動線の話題がでたので・・・

古いマンションは、田の字が中心

ようするに家を四つに分割し
各部屋が田の字形に配置されている

最近は、スケルトン・インフィルや200年住宅という概念が広まり
形は様々である。

「家は世につれ、世は家につれ」
少しずつではあるが、刻々と変化している

ここのHPに詳細あり
http://www.myhomeplus.com/mansion/02/2_3.html

マンション買うなら


by toshiosada | 2007-12-05 09:13 | マンション管理士

高齢化・・・

やはりここでも高齢化の二文字が・・・

トヨタ自動車を除く主要自動車メーカー七社の二〇〇七年九月中間連結決算が二日、出そろった。円安の追い風が吹く中、各社とも海外販売が好調で、三菱自動車を除く六社が過去最高の売上高を記録。ホンダやスズキなど四社は本業のもうけを示す営業利益も過去最高となった。ただ、原油や原材料の高騰、米国経済の失速懸念など先行きは不安材料が多く、マツダなどは〇八年三月期の業績予想の上方修正を見送った。

 「地方経済が不振で、クルマに乗らずに済む大都市への人口集中や高齢化が進んでいる」(三菱自動車の益子修社長)といった要因から、国内の新車需要は低迷。各社とも国内販売台数を大きく減らした。
by toshiosada | 2007-11-07 17:44 | マンション管理士

またかいな・・・

平成19年10月30日
ニチアス(株)製繊維混入けい酸カルシウム板を用いた
 軒裏・間仕切壁の準耐火性能試験等における不正受験について

 ニチアス(株)が製造した繊維混入けい酸カルシウム板を使用した軒裏の準耐火性能試験及び間仕切壁の耐火性能試験において、試験結果に有利となるよう、規定よりも含水率の高い繊維混入けい酸カルシウム板等を用いた不正な試験体を使用して試験に合格し、大臣認定を受けていた構造方法が少なくとも16件あったことが判明した旨、同社から国土交通省に報告がありました。

<問い合わせ先>
国土交通省住宅局TEL:03-5253-8111(代表)
建築指導課(内線39563)
住宅生産課(内線39413)

マンション、赤福、牛肉、地鶏、欠陥住宅、電気製品、車、エレベーター、製薬・・・
さぁ次にくるものは何だ?
by toshiosada | 2007-11-03 18:35 | マンション管理士

これからのマンション・ライフを考えるブログ(MLRI)


by kantoku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る